私たちが出来ること

WHAT CAN WE DO FOR YOU

”私たちに出来ることを大切に” という言葉は私たちにとってのスローガンであると同時に、”出来ること” を更に深く掘り下げ、そこから派生する ”新たに出来ること” に対して、常に前向きに取り組む姿勢を目指す想いが込められています。

共に新たな喜びを得られることを心より願っています。

2020-06-24T11:31:49+01:00

商品の手配・発送

食材だけでなく食器や調理器具、本といった、スペインの食に関するあらゆる商品をを経験の中から吟味した上で、日本のお客様の味覚やニーズにマッチした商品をご紹介します。

2020-06-30T11:22:28+01:00

執筆・翻訳

食コラム・エッセイ執筆、スペイン語で出版されているレシピ本等の翻訳をさせていただきます。現在、『スペイン情報誌アクエドゥクト』WEB試上にて、連載『スペイン味うぉっちんぐ』が閲覧可能です。      

Load More Posts

皆様の声

VOICE

【薪炊きパエリア教室参加】
レストランで本格的かつ伝統的な薪炊きバレンシアーナの体験ができます。はじめてパエリャを体験する初心者から、日本で活躍するプロのシェフまで幅広い層が満足できるプログラム。

 

体験後に提供してくれるコースはバレンシア の郷土料理にアレンジを加えた楽しいお皿の数々で素晴らしい体験となりました。


題57回国際パエリアコンクール海外部門最優秀賞受賞
(スエカ市国際パエリアコンクール・パエリア大使)

結城 優 (オーナーシェフ), anocado RESTAURANTE+ / 全日本パエリア連盟

【薪炊きパエリア教室参加】
全て薪で仕上げると言うパエリア場の広さに圧倒されました。

またシェフもバレンシアーナを作る際、丁寧にポイントを教えてくれてとてもありがたく思いました。

日本人の僕はあれこれ考えながらパエリアを作るのですが、シェフの場合なんて表現して良いのか分からないですが、最終的にバッチリ決めてくる感じがとても印象的に感じました。

お店で食事した時はパエリアは薪で作る古風なイメージでしたが、前菜〜ドルチェまでは新しく斬新なお洒落スタイルでバレンシア の今を表現してる感じで日本語で言う温故知新を強く感じました。

非常に貴重な時を過ごせた事に感謝します。

国際パエリアコンクール2019年 日本大会優勝

佐藤 恭平 (店長・シェフ), 株式会社エス・アール・シー サングリア久能本店

今がその時……

NOW IS THE TIME

コンタクト