味わうということ

食べるということは、生命維持のための栄養を摂取するだけのものではありません。遠い昔から人は他の生き物の命を取り組むことでエネルギーを得て生命を維持してきました。自分が得たものを別の形にして自然に還元していく食物連鎖の一環です。

生きるために「食」は避けて通ることができません。だからこそ「食」だけでなく、同時に、自然や人の暮らし、人そのものに対するリスペクトを忘れず、その上で「食」を楽しむことが「味わう」ことだと考えるのです。

マガジン【読んで味わうスペインの味】

https://note.com/viveahora/m/med60473133ee

(外部リンクへ飛びます)

執筆のスタイル等についてもご相談ください。

コンタクト